Art Collaboration Ktoyo

設計の飯田です。

先日、国立京都国際会館で行われた現代アートに特化したアートフェアに行ってきました。

現代アートとは何ぞや?
それはもう私としては難しくって解りません…
単純に、自分の心にグッとくるものそして、この気持ちを生活に還元させてくれるものって思っています。つまり、…私的なガソリンです。
作品の説明なども見ながら現物を見させて頂いたりするとモノのとらえ方の多様さに感心したり感動したりします。そういうところが私にとっての美術鑑賞の面白さの一つかもしれません。


↑フェア案内図
かっこいい配置です。ちょっとしたタウンに来たかの様。


↑コの字型のブースが単管で組んであるブース。
展示スペース裏では、アーティストさんや画商さんたちが商談をしているのが生々しかったです。表裏がはっきりした空間で、それらがまじりあいクールでした。

最後に出口のアンケートで「今回、作品を購入されましたか?」って質問がありました。
いやいや値段わからないやん?怖くって聞けないやん?と思ってしまいました。
そんな質問投げて下さるんだったら素直に値段書いてほしかったな?って思いました。

ちなみにMIKA TAJIMAさんのアート。

すてきでした。こういった系統のパネルって沢山あってどれも大好きです。
でも、色使いとかパネルの質感とか新鮮でずっと見させてもらいました。
手法も調べていると面白く、音なんかを使って物理的な手法で絵を描かれているそうです。
一枚の四角い形にテクノロジーをとおして思想やメッセージが込められていて言葉の無い時間軸を超えた詩というか…本当に素敵な体験でした。