大栄建設ロゴ

BLOG更新中

来店予約はこちら

2024年

設計の佐野です。

 

新年が明け2024年もスタートしました。
2024年は、パリで夏季オリンピックが開催されたり、人気テーマパークの新エリアがオープンするなど、楽しいことがたくさんあります。

 

そんな2024年ですが、1996年の歴と完全一致!?
2024年は1996年と同じうるう年で、月曜日から始まることで完全に一緒になります。
今手元に28年前のカレンダーが有れば使うことが出来ます。
と言うことは、今年のカレンダーを残しておけば次はいつ使えるのでしょうか?

 

カレンダーは14種類しかないそうです。
1月1日が日曜日始まりから土曜始まりの7つと、うるう年がある年の1月1日が日曜始まりから土曜始まりの7つの計14種類になります。
うるう年がなければ7年周期で同じカレンダーになるのですが、うるう年があることによってずれが生じます。
うるう年のない年のカレンダーは、6年後か11年後が同じカレンダーになり、うるう年のある年のカレンダーは、28年後が同じカレンダーになります。

 

2024年は1月1日が月曜日始まりで、うるう年ですから、次回は28年後の2052年が同じになります。
今年のカレンダーを28年後に使うのもいいし、今年のカレンダー(スケジュール帳)と28年後のカレンダー(スケジュール帳)を見比べるのも楽しいかもしれません。