山の天気は変わりやすい

設計飯田です。

先日家族で黒部ダムに行ってきました。
真っ青の空に、雲がぷかぷかと浮かぶ秋晴れの気持ちの良い日。
観光放水の虹も凄く綺麗です。

標高が高いので、ポテトの袋がパンパン。

そして湧き水が至る所から湧き、ダムのダイナミックさと自然を感じながら家族でゆっくり楽しませて貰いました。

 

なのですが、急に雲が逆流し始め、風も心なしか少し強めに…


あれよあれよという間に、一気にダムは雲の中。たった30分ぐらいの間だったでしょうか?

本当に、山の天気は変わりやすい。

さてさて黒部ダム。
黒部ダムは、お椀のような形をしており、丸みを帯びた方が貯水側です。丸い方から圧をかけるので卵の様にダムの壁はその形をとどめることが出来ます。

お椀型のダムを自然の岩盤が両脇でガッツリと支えています。

人口の力と自然の力が一体になってこの黒部ダムは出来ています。

もしこれがダムの大きさや重さに頼る重力式だと材料にかかるコストなどが跳ね上がり大変な工事になったとか。

このマッシブなダムのための調査も凄かっただろうし、工事も多くの犠牲をはらいました。

最後に慰霊碑へ。
刻まれた名前を前に、ここにこれて本当に良かったと思いました。