「量」と「質」のバランスを考えた収納づくり

今、お住まいの場所における「収納の不満点」を 挙げてくださいとご質問をしたら、 皆さんはどのようにお答えになりますか?
現在の住まいへの不満が解消できているかどうかが 良い住まいづくりの基本となりますので、 是非、現在の住まいへの不満点をどんどん挙げてみて下さい。

■収納への不満点を調べた結果がこちらになります。

37%の方が「収納スペースが狭い」と感じている一方で、23%の方が「出し入れがしづらい」という不満を感じています。 これは「収納の量」と「収納の使い勝手=収納の質」に 課題を感じていることが分かります。

■次に、使い勝手の悪い収納場所のランキングです。

特に使い勝手の悪い収納のトップに挙がっているのは こちらのグラフにあるように「キッチン収納」となっています。
キッチンは、収納するが日々使うものが多い上に 形がバラバラなものを収納しなければならないという キッチン収納の難しさから不満が溜まりやすいと推測できます。
最近では収納しやすいように工夫されたキッチンも 次々とでておりますので、是非各メーカーのショールームなどで ご確認をしていただければと思います。


 収納相談室