読書

こんにちは。工事部の加藤です。

最近読んだ本を紹介します。

山田洋二さんの「悪童」

寅さん(男はつらいよの主役)の激動の少年期を作者が見事に表現されてます。
私にとって寅さんは憧れですが、山田洋二さんにとっても寅さんは憧れの的でしかないと読んでいて思いました。
山田洋二さんの作品は私が子供の頃に見ていた風景とかが思い出されてとても心が和みます。

次いでは、中村計さんの「勝ち過ぎた監督」

主人公は、駒大苫小牧の田中将大と早実の斎藤佑樹が投げ合った時の、駒大苫小牧の監督(香田誉士史)です。
一言では言い表せないのですが、壮絶な人生を歩んでいらっしゃる方です。
運というのを、信じない私ですがこのタイミングで香田さんとマー君が一緒に野球が出来たのは、
運でしかなかったと作者も書いています。読んでいて私もそう感じました。

二作とも読み終えて心が晴れる思いがしました。