皆既月食

注文住宅課 山田です。

先月の31日、皆さんの中でもご覧になられた方も多いと思いますが、皆既月食
がありました。

今回は「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」という、とても珍しい現象でした。
地球に月が近づいた際に見ることができる月のことを「スーパームーン」
1ヶ月に2度、満月になることを「ブルームーン」
この現象だけでも珍しいことで、今回3年ぶりのことです。
そして皆既月食になることが「ブラッドムーン」
月食自体、更に珍しい現象です。
尚、次のブルー・ブラッドムーンは2037年とのこと。

一生に数度しかない現象なので、夜の8時過ぎくらいから夜空を気にしながら眺めていました。
9時前後から月が欠け始めました。

※携帯で撮ったので、わかりづらく、スイマセン。実際ははっきり確認できました。

天気が微妙になってきたのもこの頃で、だんだん、雲がかかり始めました。
欠けている月を最後に見たのは9時半頃、それ以降二度と月を見ることはありませんでした。
関東のほうでは、綺麗な赤みを帯びた月を見ることができたみたいです。
私は仕方なく、その後のテレビで見ました。

今でこそこの現象が起こる仕組みを知っているので、驚きもせず眺めていましたが、大昔の人たちはさぞかし、恐怖におののいたのでしょうね。