正寿院

総務部 川口です。

京都府宇治田原町は日本の緑茶発祥の地。
お茶畑が広がる光景がのどかな町に今、
女子が殺到しているインスタ映えスポットがあることをご存知でしょうか?
その名は「正寿院(しょうじゅいん)」。
ここにある「猪目窓」がカワイイ!!と大きな話題を呼んでいます!

「正寿院」は夏に風鈴まつりが行われることから風鈴の寺ともいわれていますが、
近年新しくできた客殿にあるハート型の「猪目窓」が幸せを呼ぶ窓として話題沸騰!


京都でも一躍注目を集めるスポットと化しています。

「猪目窓」のある客殿の天井には160枚もの天井画がありますのでこちらも要チェック!!
天井画は花と日本の風景をテーマにして描かれており、春夏秋冬の舞妓さんや、
四隅には青龍・白虎・朱雀・玄武の四神も描かれています。

寝転がって見るとかなり壮観な天井ですのでぜひ寝転がって見てみましょう。

拝観受付では拝観券がわりに散華(さんげ)と共に色のついたかわいい紐が授与されます。
これは結び目の表が四角く、その裏が十字に結われた紐で、
それぞれ漢字の口と十をあらわしている「叶紐(かのうひも)」と呼ばれる紐。
願いが叶うとして知られる紐です。
素敵な御朱印(名前入り)も頂きました。

 

嬉しいことにここではお茶とお菓子のご接待も。
もちろんお茶は日本の緑茶発祥の地である宇治田原町産の緑茶が。
思わず「美味しい!」と言葉に出てしまうかもしれません。

 

お昼を食べてなかったので、「俺のラーメン あっぱれ屋」という看板を見つけ、
思わず入っていただいたラーメンが塩豚骨のスープでめっちゃ美味しかったです。
そのはずです。
行列のできる、11:302:30の3時間限りのお店で、たまたま閉店前のすべり込みだったのです。
それでも少し店内でならびました。ラッキーでした。ご馳走様でした。