春日大社

注文住宅課の山田です。

お盆休みに、奈良の春日大社に行きました。
その日は「中元万燈籠(ちゅうげんまんとうろう)」で境内にある石燈籠約2000、釣燈籠約1000
合計3000の燈籠に火が灯されます。
800年前の昔から今に至るまで、貴族や武士をはじめ庶民から奉納されたもので、2月の節分と8月14・15両日の夜、これら全てに火が入れられます。
石燈籠が整然と並ぶ二之鳥居から本社付近、そして釣燈籠が並ぶ朱塗の廻廊などは、王朝絵巻を見るようです。

浄火を献じて、神様に様々な祈願をすることが万燈籠です。
とても暑い日でしたが、たくさんの人が参拝に来ていました。

「神の使い」も、この日だけは夜遅くまで多くの人出に迷惑している感じでした。