マイ パラダイムシフト ~いらないモノは必要なモノ☆~

設計の飯田です。

少し前ですが、鞄作りのworkshopに行ってきました。
内容は裁断された後の廃棄部分での鞄づくり☆
案内の写真の鞄がかなりかっこよくって参加を決定。
廃材でこんなに素敵な鞄が出来るなんて!と心はウキウキ。

当日、参加者は私を含めて女性5名。


↑廃材の革・今回はわりにカラフルだったそう。
用意された廃材の革を段ボウルから掘り出してお気に入りのパーツを大きなハンマーでたたきビスで繋げていきました。
↑見本:先生が普段使っている鞄。中にハンマーや工具を入れて持ち歩いたりしているそう。
先生の鞄のかっこいいこと~ モチベーションアップ!

ゴミである革をほかの参加者さんと我先にとむさぼる様に選ぶのもとっても楽しい経験でした。
一般的にいらないモノが、競争してでも手に入れたいモノになっている事実も面白かったし、それらが愛着ある自分の鞄になっていくプロセスも大変満足でした。

作業の為に切り落とした革もゴミではなく、ほかの鞄には必要なモノっていうのも素敵な現象。
ゴミって、実は無いのかも…。もしかしたら想像力のなさの事をゴミっていうのかもと思ってみたり…。

お家を作る仕事をしていると、新しいモノで作り、一つたりとも傷をつけない状態でお渡し…という世界が当たり前なので、いったんゴミ箱に葬られた端材がこんなも必要なモノだったという…パラダイムシフト☆

鞄は、毎日のお買い物の大事なおともでございます。


↑私の鞄♡