お弁当

お客様サービス課の佐野です。

うちの小学生が通う小学校では10月は何かと行事がたくさんあり、
体育大会、社会見学、交流会と続きます。
そして、普段は給食ですがお弁当が必要になります。

普段作り慣れていないお弁当を作ると、子どものお弁当箱の大きさが大きくなり、入れるもの量が多くなってきたことを実感し、幼稚園の頃より成長している我が子に気付かされます。
幼稚園の頃はたったこれだけ?という量を入れていたお弁当ですが、
今のお弁当箱は、たくさん入るようになっているので、まだ入るまだ入ると調子に乗ってたくさん入れてしまいました。
それでも、帰って来た子どもたちのお弁当箱が、すべて空になっているのを見て、作った甲斐があったなぁと思いました。
気づかない間にこんなに大きくなってたんだ~と改めて感じる温かい気持ちになれた秋でした。

皆さんも、お弁当作ってみてはどうですか? 何か発見があるかも知れませんよ〜。